NEWS&BLOG

2020/06/05 18:39




みなさん「オーガニック」というと、どんなことを連想しますか?

身体に良い、安心・安全なもの、お肌に優しい、子供が触れても安心...

このようなことを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?


ですが...残念ながら「オーガニック」と書いてあるものすべてが安心・安全なものというわけでははないのです。


食品に関しては「オーガニック」と表記して良いものは国レベルで管理されています。
日本国内では「JASマーク」で有機認証を取得している食品であることが判断できます。

しかし、コスメに関していうと「オーガニック」と表記するための国レベルの規制がないため
成分のたった0.1%しか有機成分が入っていなくても「オーガニックコスメ」と書いて販売することが出来ます。
石油系の成分や安価な成分が多く使われているコスメであっても「オーガニックコスメ」として販売することが出来るのです。


では、どうしたら「本物のオーガニックコスメ」を見分けることが出来るのでしょうか?

もっとも分かりやすい方法は...

『オーガニック認証』を取得しているかどうか!


もちろん、認証を取得していなくても有機成分を多く含むコスメもあるのですが

成分を見ただけでそれを見分けるのはなかなか難しいかと思います。


では『オーガニック認証』って何でしょう?

世界には様々な認証団体があるのですが、その団体ごとに基準が設けられており
原材料、製造工程、製品管理、環境配慮など厳しい基準をクリアしないと認証を受けることは出来ません。

日本ではまだ一般的には知られていない『オーガニックコスメ認証』ですが、注意してみていただくと
本物のオーガニックコスメかどうかを見分ける判断基準になると思います。

「punica organic」シリーズは「ECOCERT」「cosmos organic」認証を取得しています。


「cosmos organic」は...
①内容成分の95~100%が自然由来
②完成品の10~20%は有機原料
③欧州の基準で定められている原料以外は使用できない
④製品に使われる成分・原料はすべて環境に悪影響を与えないもの
⑤動物実験を行わない
などの厳しい基準のもと管理されています。